スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 映画:MOON

そんなわけで、趣味的ブログVol.1は映画の話。
週末は数本DVDで映画を見ているのですが、
先週末、久々に自分の中でヒットした映画があったのでご紹介。

「MOON 月に囚われた男」
監督:ダンカン・ジョーンズ 2009年
主演:サム・ロックウェル

もともと、FFFFOUNDという画像収集サイトでポスターだけ見ており、なんてカッコいいポスターなのでしょう、と思って気になっていた映画。ツタヤで発見しました。

冒頭のあらすじを書くと、近未来、主人公サム・ベルはエネルギー採掘のために月の裏側にある採掘基地へ3年間派遣される。通信衛星の故障のために地球との通信は録画データのやり取りを行うのみで、話し相手は人工知能ロボット・ガーティのみという孤独な環境だったが、彼は愛する家族のことを想い続けて耐えしのいでいた。だが、契約満了の3年まで残りわずかとなったある日、彼は作業中に事故を起こしてしまう。
基地の医務室で意識を取り戻したサムは、ガーティや本部の対応に不審を抱いて事故現場に戻り、そこで負傷したまま放置されていたもう一人の自分を発見する。

「だれだこいつは、オレそっくりだ」…………

という内容。
どこかなつかしいレトロな宇宙服や宇宙船。宇宙空間や月の表現も、先端CGを駆使した感じではなく、なんともアナログ感のある様子。これが逆にリアルで良い。丸3年間をたった一人きりで月で生活する主人公は、髭ヅラだし、ジャージにアロハシャツという、「たしかにそんな状況だったら身だしなみもどうでも良いね」と思える身なりで登場。
たった一人の相棒、ロボットのガーティも一昔前の絵文字の様な顔が表示される。本当に2009年作なのか疑いたくなる、そのレトロっぽさがまず、気にいった理由の一つ。意図的な古さをとても格好よくまとめてました。
ストーリーも、悲愴感漂うものではなかったです。主人公が二人になり、とまどう二人だけど、両方良い奴なんです。これ以上はネタバレするので自粛します。

最後に、「なんですと!」という事実が発覚しますが、孤独、家族、アイデンティティや、未来を切り開く努力や知恵とか、色々なことを想う映画でした。
途中、悲しくて、苦しくなったりもしますが、見て良かったなぁと思います。
というわけで、5段階評価

★★★★☆ :人におすすめしたいレベル!

と勝手にレビューします。



| 16:57 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト

| 16:57 | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://yuki-tamago.jugem.jp/trackback/169

| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.